ペテルソン(読み)ぺてるそん(英語表記)Sven Otto Pettersson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペテルソン(Sven Otto Pettersson)
ぺてるそん
Sven Otto Pettersson
(1848―1941)

スウェーデンの海洋学者、化学者。イェーテボリに生まれ、ウプサラ大学に学んだ。19世紀末、ノルデンシェルドの北東航路啓開船ベガ号に乗船、シベリア海の海況を調査(1878~1879)した。ストックホルム大学化学教授となり(1881~1908)、1890年には北海の組織的な海洋観測を行い、北海におけるニシンの漁獲量と水温、塩分、プランクトン量などとの相関関係を初めて明らかにした。水産資源の保護・確保には国際的な協力による組織的な海洋・水産調査が必要であるとの見地から、エクマン、ナンセン、クヌーセンなどの海洋学者とはかり、1902年、初の国際海洋調査組織である「国際海洋探査協議会」(ICES:International Council for the Exploration of the Sea)を設立し、総裁(1915~1920)を務めた。海洋測器にも多くの考案があり、現在のナンセン採水器の原形は彼の考案による。[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android