ノルデンシェルド(英語表記)Nils Adolf Erik Nordenskjöld

百科事典マイペディアの解説

ノルデンシェルド

スウェーデンの探検家,地理学者。男爵。名はニルス・アドルフ・エリック。北極海スバールバル諸島を数度探検。北東航路を開こうと志し,1878年ベガ号で出発,1879年にはベーリング海に入り,日本,中国を経て1880年帰国した。古地図の研究でも著名。その子のニルス・エルラント・ヘルベルト〔1877-1932〕は民族学者で,南米を探査,1914年からイェーテボリ大学教授。甥のオットー〔1869-1928〕も地理学者で,パタゴニア,アラスカ等を探検,1901年―1903年スウェーデン南極探検隊長。1905年からイェーテボリ大学教授。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ノルデンシェルド Nordenskiöld, Nils Adolf Erik

1832-1901 スウェーデンの地理学者。
1832年11月18日フィンランドのヘルシンキ生まれ。1860年スウェーデンに帰化。1878年ベガ号で北極海探検に出発して北方航路を開発。その帰途の明治12年(1879)横浜に来港し,約2ヵ月の滞在中,化石や書籍など日本に関する資料を収集した。1901年8月12日死去。68歳。ヘルシンキ大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ノルデンシェルド【Nils Adolf Erik Nordenskiöld】

1832‐1901
スウェーデンの北極探検家,地理学者。フィンランドのヘルシンキに生まれ,ヘルシンキ大学地質学を学ぶ。1858年スウェーデン王立博物館鉱物部長に就任,58‐73年5回のスバールバル諸島方面調査に行き,1868年にはソフィア号で当時未到の北緯81゜42′まで達した。78年ベガ号でノルウェーのトロムセー港を出発,シベリアの北岸沿いに航行,ベーリング海峡付近の氷海で越冬して太平洋に出,初めて北東航路を開いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ノルデンシェルド【Nils Adolf Erik Nordenskjöld】

1832~1901) スウェーデンの探検家・鉱物学者。フィンランド生まれ。スピッツベルゲンをはじめ、グリーンランド、シベリアのエニセイ川地方を探検。また、ベガ号で北方欧亜航路初回航に成功、途中横浜に寄港。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のノルデンシェルドの言及

【北極】より

…その勢力はアラスカに伸び,19世紀の初めには露米会社の設立をみたが,1867年アメリカがアラスカを購入した。 16世紀の半ばから試みられた北東航路の通過に成功したのはスウェーデンのN.A.E.ノルデンシェルドである。1878年7月21日,ノルウェーの北部にあるトロムセーを出発したベガ号は各国の隊員30名を乗せ,種々の調査を行ってベーリング海峡に近づいたが,氷に閉ざされ翌年7月まで越冬した。…

※「ノルデンシェルド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android