コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンセン ナンセン Nansen, Fridtjof

6件 の用語解説(ナンセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンセン
ナンセン
Nansen, Fridtjof

[生]1861.10.10. クリスチャニア(現オスロ)
[没]1930.5.13. オスロ近郊リサカル
ノルウェー北極探検家,海洋学者,政治家。クリスチャニア大学で動物学を専攻。グリーンランド東海岸,西海岸を探検し (1882) ,『エスキモーの生活』 Eskimo Life (91) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナンセン(Fridtjof Nansen)

[1861~1930]ノルウェーの探検家・政治家。北極フラム号で探検し、1895年、北緯86度14分の地点まで到達、北極地方が海洋であることを立証。第一次大戦後は難民救助などに活躍し、1922年にノーベル平和賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナンセン

ノルウェーの海洋探検家,政治家。1888年スキーでグリーンランド横断に成功。1893年フラム号で北極探検に向かい群氷に乗り上げたが,そりによって1895年4月北緯86°14′に達した。
→関連項目難民北極地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナンセン【Fridtjof Nansen】

1861‐1930
ノルウェーの北極探検家,海洋学者。政治家としても活躍。オスロ郊外の農家に生まれる。18歳でスケートスピード世界記録を破り,スキーも名手となる。オスロ大学で生物学を修め,1882年オットセイ猟船でグリーンランド海に動物生態学調査を試みた。ベルゲン博物館に勤務,88年北緯64゜を越えてグリーンランドを横断,ゴットホープで越冬し,エスキモーの生活を研究した。93年フラム号で北極海横断航海に出,シベリア北岸沿いにノボシビルスク諸島北方から氷盤に乗って漂流,船の北進が止まった95年3月14日,北緯83゜59′から犬ぞりで極点を目ざし,4月8日未踏の北緯86゜13′36″に達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ナンセン【Fridtjof Nansen】

1861~1930) ノルウェーの北極探検家・政治家。1888年グリーンランドを横断。フラム号で北極海を探検、95年北緯86度14分に達する。晩年は難民救済などに活躍。著「最北」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンセン
なんせん
Fridtjof Nansen
(1861―1930)

ノルウェーの北極探検家、博物学者、政治家。1880年クリスティアニア(現オスロ)大学で生物学を学ぶ。1882~1887年ベルゲン博物館に勤め、1888年動物中枢神経に関し博士号を取得。同年、グリーンランドをスキーで横断した。その後、北極の科学調査を計画し、他国の探検家が成功を危ぶむなか、探検船「フラム号」を建造して1893年に出航した。途中スキーと犬ぞりを用い、1895年4月、従来の記録を破る北緯86度14分の地点に到達。その探検記録として、『最北』2巻(1897)、『ノルウェーの北極探検、1893―1896』6巻(1900~1906)を刊行し、海洋学の発展に貢献した。1897年クリスティアニア大学教授。海洋の調査・研究および探検用具の改良に努める一方、外国での知名度を利用して母国の外交政策にも寄与する。スウェーデンからのノルウェー独立(1905)に際しては、諸外国の政府・世論に訴え、海外の支持獲得に努めた。1906~1908年初代駐英大使。第一次世界大戦中、日用品枯渇対策のため政府派遣団を率いて渡米し、1918年アメリカ政府に援助協定を取り付けた。国際連盟の創設には、戦時中からノルウェー国際平和機構協会議長として、小国の側からの参与を行った。連盟内で高等弁務官になり、約45万人の捕虜の本国帰還、1921年ソビエトロシアの難民および飢餓救済、1923年ギリシアトルコの住民交換に尽力した。1922年ノーベル平和賞を受賞した。[大島美穂]
『F・ナンセン著、加納一郎訳『極北――フラム号北極漂流記』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナンセンの言及

【海水】より

…しかし,数千mに及ぶ深海からその深さや水温が正確にわかる試料を他の海水と混合させずに,また目的とする成分に変化を与えずに採取することは必ずしも容易ではない。これまで通常の海洋観測では,1904年ノルウェーの海洋学者F.ナンセンの考案した採水器(ナンセン採水器)が世界的に最も広く用いられてきた。この採水器は,観測船のウィンチから繰り降ろすワイヤに適当な間隔に取りつけ,目的とする長さまで伸ばして採取するもので,1~2lの海水試料が得られる。…

【亡命】より

… 亡命者(避難民)の問題を国際的に取り上げたのは国際連盟であった。1920年に設立された連盟は,ノルウェーの探検家F.ナンセンを亡命者救済の高等弁務官に任命し,主として,ロシア革命後のロシア人亡命者の救済にあたらせた。この200万人に及ぶ亡命者は国籍を剝奪されており,有効な旅券も所持していなかったことから,ナンセンは国際的に効力をもった身分証明書の交付の発行を訴え,連盟理事会で承認された(ナンセン旅券)。…

【北極】より

…33年後に日記や未現像フィルムが発見された。デ・ロングのジャネット号の漂流にヒントを得たノルウェー人F.ナンセンは耐氷木造船フラム号を造り,1893年9月にジャネット号の沈没地点付近から氷とともに漂流した。船は95年2月には北緯84゜近くに達したが,これ以上の漂流による北進は望みなしと判断したナンセンは隊員1名と犬ぞり(橇)とボートでさらに北進した。…

※「ナンセン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナンセンの関連キーワードクビスリングノルウェーラスムッセンノルデンシェルドトロムソノルウェージャンフォレストキャットノルゲノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団アールマン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナンセンの関連情報