コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルー国家再建政府 ペルーこっかさいけんせいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルー国家再建政府
ペルーこっかさいけんせいふ

1992年4月5日のいわゆるアウトゴルペで,憲法の停止と議会を解散したのち,フジモリ大統領が樹立した臨時政府。発足直後から国内外で政府の非民主性が指摘されたが,こうした強行策を断行した背景には,従来からの寡頭支配層が大勢を占める議会や裁判所の機能を放置したままでは,民主主義的手続きで変革をはかり,真の意味での民主主義を達成することは不可能であるとするフジモリ大統領の考えがあった。このことから,被支配層を中心に国民の大半 (世論調査では約 80%) が国家再建政府を支持したほか,周辺諸国や国際機関なども民主主義への早期の復帰を求めながらも制裁については見送り,事実上この措置を黙認ないしは支持した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ペルー国家再建政府の関連キーワードクラーク(Larry Clark)近藤芳美ドイツ統一スペースシャトル飛行記録黒沢清仙田満ヨーロッパ通常戦力条約高良留美子柴田翔自衛隊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android