コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペワ湖 ペワこ

1件 の用語解説(ペワ湖の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペワこ【ペワ湖】

ネパールの首都カトマンズの西約200kmに位置する、同国第2の都市ポカラ周辺にある湖。ララ湖に次いで同国で2番目に大きい。ポカラ周辺は、たくさんの湖が点在する渓谷地帯で、アンナプルナやマチャプレなどヒマラヤの8000m級の山々の美しい景観を眺めることができることから、古くからヨーロッパの人々が訪れる保養地となった。この一帯は、ヒマラヤの山並みが湖面に映え、美しい景観をつくり出している。湖の中の小島にはバラヒ寺院(Barahi Mandir)があり、湖の南岸にはホテルレストランなどが建ち並ぶ一角がある。◇「ペワ(フェワ)タール」ともいう(「タール」はネパール語で「湖」という意味)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペワ湖の関連キーワードカトマンズネパールネパール語グルカカトマンズの男ダサインネパールと中印ネパール盆地カトマンズの渓谷カトマンズの谷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペワ湖の関連情報