ペワ湖(読み)ペワこ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペワこ【ペワ湖】

ネパールの首都カトマンズの西約200kmに位置する、同国第2の都市ポカラ周辺にある湖。ララ湖に次いで同国で2番目に大きい。ポカラ周辺は、たくさんの湖が点在する渓谷地帯で、アンナプルナやマチャプレなどヒマラヤの8000m級の山々の美しい景観を眺めることができることから、古くからヨーロッパの人々が訪れる保養地となった。この一帯は、ヒマラヤの山並みが湖面に映え、美しい景観をつくり出している。湖の中の小島にはバラヒ寺院(Barahi Mandir)があり、湖の南岸にはホテルやレストランなどが建ち並ぶ一角がある。◇「ペワ(フェワ)タール」ともいう(「タール」はネパール語で「湖」という意味)。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android