コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ページボーイ pageboy

翻訳|pageboy

デジタル大辞泉の解説

ページボーイ(pageboy)

毛先が内巻きになったヘアスタイル。中世ヨーロッパの小姓の髪形が原形。女性の髪形として登場したのは1930年代。
給仕ボーイホテルや劇場で、客の案内や使いをする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ページボーイ【pageboy】

〔召使い、小姓の意〕
ホテルなどの給仕。
女性の髪形の一。まっすぐに下げた髪の先を内側にカールさせたスタイル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のページボーイの言及

【髪形】より

…1930年代に入ると,電気パーマネントがアメリカから輸入されてショートヘアが流行するが,第2次大戦中は服装の規制とともにパーマも禁止された。戦後1948年ころ輸入開発されたコールドパーマネント技法は,55年ころのヘプバーン・スタイルやセシル・カット,おかっぱ風のボブ・スタイル,ページボーイ(内巻き)など軽快な髪形を次々と生み出した。1970年以降は,オオカミ・カット,カーリーヘアのような個性的な髪形も追求され,男女ともにカット・アンド・ブローという,パーマによらずカットのみで形づける技術が広く行われている。…

※「ページボーイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ページボーイの関連キーワードヘアスタイルヘアカットスタイル原形内側髪形小姓

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ページボーイの関連情報