コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペープシュ Pepusch, Johann Christoph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペープシュ
Pepusch, Johann Christoph

[生]1667. ベルリン
[没]1752.7.20. ロンドン
ドイツ生れのイギリスの音楽理論家,作曲家,オルガン奏者。 1681~97年にプロシア宮廷に王子の教師として仕え,1700年頃ロンドンに行き永住した。 10年「古代音楽アカデミー」の創立者の一人となり,12~18年オルガン奏者,作曲家としてチャンドス公に仕え,13年にオックスフォード大学から音楽博士の称号を受けた。 39年チャーター養育院のオルガン奏者。また W.ボイスの師であった。主作品『乞食オペラ序曲』 (1728) のほか,協奏曲や室内楽の作品などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペープシュ
ぺーぷしゅ
Johann Christoph Pepusch
(1667―1752)

ベルリン生まれのイギリスの作曲家、理論家。14歳よりプロイセン宮廷付き音楽家。1700年ごろロンドンに移り、ドルリー・レーン劇場のビオラ奏者、チェンバロ奏者を勤め、マスク(仮面劇)『ビーナスとアドニス』などを作曲。13年オックスフォード大学より音楽博士号を受けたのち、シャンドス公の礼拝堂付き音楽家となり、マニフィカート、アンセムなどを作曲。のちリンカンズ・イン・フィールズ劇場のための作品『乞食(こじき)オペラ』(1728)が大成功を収める。37年ロンドンのカルトゥジオ会修道院のオルガン奏者となるころから古楽の研究と演奏とに専念。教育者としても優れ、クック、ボイスらを育てた。[南谷美保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペープシュの関連キーワードバラード・オペライギリス音楽ペプーシュ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android