コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウオウゴケ Fissidens

2件 の用語解説(ホウオウゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホウオウゴケ【Fissidens】

蘚類のホウオウゴケ科,ホウオウゴケ属Fissidensの総称。世界に約900種が記録され,うち日本には40種余りある。とくに植物体が1cm以下の微小な種が多い。茎はほとんど分枝せず,葉は茎に左右2列につき,一平面上に規則正しく並ぶ。ホウオウゴケの名は植物体の端正な羽状の姿を,鳳凰(ほうおう)の尾羽に見たてたもの。葉の基部はアヤメの葉のように2片に分かれて,茎を強くはさむ。蒴(さく)は円筒形で直立または傾き,蒴歯は16枚で1列に並ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウオウゴケ
ほうおうごけ
[学]Fissidens japonicus Doz. et Molk.

コケ植物ホウオウゴケ科の代表的な種。低地から山地の流水際の岩上に群生する。植物体は長さ3~7センチメートルで、緑色ないし緑褐色。表面にはつやがある。葉は茎の左右に2列につき、長さ3~6ミリメートル。葉の片側は二重になっており、茎を包むようにつく。雌雄異株。胞子体は茎の上部から出る。名の由来は、植物体の形を想像の鳥である鳳凰(ほうおう)の尾に見立てたことによる。
 ホウオウゴケ科の種類の総称として「ホウオウゴケ」の語が使われる場合も多い。この科の植物は、いずれも同じような形をしているが、大きさは、1ミリメートル前後のものから2~3センチメートルのものまでとさまざまである。一般に日陰地の湿った地上や岩上に生え、日本では約40種が知られる。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホウオウゴケの関連キーワード杉苔蘚類訪欧鳳凰座大杉蘚饗応言銀蘚中央語わらう後家

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホウオウゴケの関連情報