コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシズナ(星砂)(読み)ホシズナ(英語表記)Baculogypsina sphaerulata

世界大百科事典 第2版の解説

ホシズナ【ホシズナ(星砂) Baculogypsina sphaerulata】

根足虫綱カルカリナ科の原生動物。奄美大島以南から熱帯域にかけて分布し,海岸海藻イシサンゴなどの表面に群がって付着している。とくに沖縄の竹富島の海岸では砂中に死んだがたくさん混じっており,小さい袋に入れて土産物用に売られている。殻は直径約1.5mmで中央部はやや膨らみ,周囲に6本のとげ放射状に並んでいる。表面にはたくさんの微小な穴が開いていて,ここから糸状偽足をだして他物に付着したり運動したりする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android