ホシズナ(星砂)(読み)ホシズナ(英語表記)Baculogypsina sphaerulata

世界大百科事典 第2版の解説

ホシズナ【ホシズナ(星砂) Baculogypsina sphaerulata】

根足虫綱カルカリナ科の原生動物。奄美大島以南から熱帯域にかけて分布し,海岸海藻イシサンゴなどの表面に群がって付着している。とくに沖縄の竹富島の海岸では砂中に死んだがたくさん混じっており,小さい袋に入れて土産物用に売られている。殻は直径約1.5mmで中央部はやや膨らみ,周囲に6本のとげ放射状に並んでいる。表面にはたくさんの微小な穴が開いていて,ここから糸状偽足をだして他物に付着したり運動したりする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android