コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソバノキソチドリ ホソバノキソチドリ Platanthera tipuloides

2件 の用語解説(ホソバノキソチドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホソバノキソチドリ
ホソバノキソチドリ
Platanthera tipuloides

ラン科の多年草北海道中部地方以北の本州,四国 (剣山) ,千島,サハリンアリューシャンカムチャツカ東シベリアに分布し,亜高山帯の林下や,日当りのよい草地に生える。根はやや紡錘状で斜め下に伸び,上部に新芽を出して株をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホソバノキソチドリ
ほそばのきそちどり / 細葉木曽千鳥
[学]Platanthera tipuloides Lindl.

ラン科の多年草。花茎は高さ20~50センチメートル。通常長楕円(ちょうだえん)形の大きな葉を花茎の中途に1枚つけ、その上の葉は若くて小さい。7~8月、径約6ミリメートルの黄緑色花を十数個開く。長さ約2センチメートルの長い距(きょ)がある。亜高山の草原または林縁に生え、北海道から本州の中・北部に分布する。変種コバノトンボソウは花数が少なく、距は上を向き、葉もより細い。温帯から亜寒帯の湿原に生育し、北海道から九州に分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホソバノキソチドリの言及

【ツレサギソウ】より

…最もよく見かけるのはヤマサギソウP.mandarinorum Reichb.f.var.brachycentron (Fr.et Sav.) Koidz.,キソチドリP.ophrydioides Fr.Schm.の群で,普通,葉は1枚,淡緑色の花,先端の伸長した花弁で特徴づけられ,日本全国で多様に分化している。ホソバノキソチドリP.tipuloides Lindl.の群は花の黄色味が強く,亜高山帯の湿原に群生する。そのほか,ブナ帯の林床にジンバイソウP.florenti Fr.et Sav.,低山の林床にオオバノトンボソウP.minor (Miq.)Reichb.f.(ノヤマトンボ),湿原に花の白いミズチドリP.hologlottis Maxim.などが比較的多くみられる種類である。…

※「ホソバノキソチドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホソバノキソチドリの関連キーワード一葉蘭尾上蘭沢蘭色丹草反魂草山艾小一葉蘭千島石菖八丈菜檜扇菖蒲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone