コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソバノキソチドリ ホソバノキソチドリPlatanthera tipuloides

2件 の用語解説(ホソバノキソチドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホソバノキソチドリ
Platanthera tipuloides

ラン科の多年草北海道中部地方以北の本州,四国 (剣山) ,千島,サハリンアリューシャンカムチャツカ東シベリアに分布し,亜高山帯の林下や,日当りのよい草地に生える。根はやや紡錘状で斜め下に伸び,上部に新芽を出して株をつくる。茎は細く,高さ 20~50cm,その中ほどより下方に長さ3~7cmの葉が1枚つき,上部には小鱗片葉が1~3枚ある。7~8月,茎頂に淡黄緑色の花をやや密につける。側萼片はそり返り,側花弁はやや肉質で背萼片と集る。は長く,下方または前方に曲るか,または水平になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホソバノキソチドリ
ほそばのきそちどり / 細葉木曽千鳥
[学]Platanthera tipuloides Lindl.

ラン科の多年草。花茎は高さ20~50センチメートル。通常長楕円(ちょうだえん)形の大きな葉を花茎の中途に1枚つけ、その上の葉は若くて小さい。7~8月、径約6ミリメートルの黄緑色花を十数個開く。長さ約2センチメートルの長い距(きょ)がある。亜高山の草原または林縁に生え、北海道から本州の中・北部に分布する。変種コバノトンボソウは花数が少なく、距は上を向き、葉もより細い。温帯から亜寒帯の湿原に生育し、北海道から九州に分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホソバノキソチドリの言及

【ツレサギソウ】より

…最もよく見かけるのはヤマサギソウP.mandarinorum Reichb.f.var.brachycentron (Fr.et Sav.) Koidz.,キソチドリP.ophrydioides Fr.Schm.の群で,普通,葉は1枚,淡緑色の花,先端の伸長した花弁で特徴づけられ,日本全国で多様に分化している。ホソバノキソチドリP.tipuloides Lindl.の群は花の黄色味が強く,亜高山帯の湿原に群生する。そのほか,ブナ帯の林床にジンバイソウP.florenti Fr.et Sav.,低山の林床にオオバノトンボソウP.minor (Miq.)Reichb.f.(ノヤマトンボ),湿原に花の白いミズチドリP.hologlottis Maxim.などが比較的多くみられる種類である。…

※「ホソバノキソチドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone