コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットアイソスタティック成形 ホットアイソスタティックせいけいhot isostatic pressing; HIP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホットアイソスタティック成形
ホットアイソスタティックせいけい
hot isostatic pressing; HIP

金属加工の一種。熱間静水圧プレス,高温静水圧成形ともいう。材料の自己拡散が可能な温度において,鋳造材,粉末冶金製品あるいは焼結前の粉末成形体に,数千気圧の圧力をかける加圧熱処理をいう。この処理を施すと一般に材料内部の空洞の消失が促進され,鋳造材の場合には鋳造欠陥の除去,粉末冶金製品の場合にはボイドなどの欠陥の除去がはかれるほか,焼結前の粉末成形体では加圧下の焼結による緻密な成品の製造が可能になる。また器具を工夫することにより2種類以上の物体の圧接などを行うこともできる。加圧媒体はアルゴンガスが多く用いられる。日本では 1970年代から超硬工具の製造に用いられてきたが,一般に超合金高速度鋼チタン合金など付加価値の高い材料が対象になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホットアイソスタティック成形の関連キーワードコールドアイソスタティック成形

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android