ホピ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホピ
ほぴ
Hopi

アメリカ合衆国、アリゾナ州北東部に住むプエブロ集団の一つ。言語はユト・アステカ語族のホピ語。集落はメサmesaとよばれるテーブル状の切り立った台地の上にあり、石と日干しれんがの大きなアパート式共同家屋を建てて住んでいる。生業は農業で、トウモロコシ、カボチャ、豆類などを栽培する。そのほか、籠(かご)細工、織物、土器作りに巧みである。出自は母系で、いくつかの母系氏族に分かれる。結婚は氏族外婚制、妻方居住婚をとる。6歳から8歳ぐらいになるとなんらかの儀礼に加入する。男だけが参加できるカチナ儀礼は、冬至から翌年の7月末まで定期的に催され、祖先神、精霊、雲などを表す仮面をつけ、ひょうたんでつくった楽器と歌で踊り、雨と豊作を祈願する。スペイン人によるキリスト教の強制後も、キバkivaとよばれる地下聖堂を中心に固有の宗教を守り続けた。人口は1970年代に約6000人。[板橋作美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホピの言及

【プエブロ族】より

… プエブロ族は言語学的には多様である。ニューメキシコ州のリオ・グランデ川流域にはタノ語系の言語(さらにティワ,テワ,トワに細分される)を話すタオス,サン・フアン,ヘメスなどが,同州西部にはケレス系言語を話すアコマ,およびズニ系言語を話すズニなどが,またアリゾナ州北東部にはショショニ系言語を話すホピが,それぞれ集落を形成している。各集落に居住しているプエブロの総人口は両州を合わせて約3万2000人(1975)であるが,このほかに都市に住むプエブロ・インディアンも多数いる。…

※「ホピ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホピの関連情報