ホブ(英語表記)gear hob

  • hob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切削工具一種で,歯車切り (→創成歯切り法 ) に用いる。ウォーム (おねじの歯車) のねじ条に直角,または軸に平行に多数の設け,そのねじ面との交線を切りとした工具で,フライス状をしている。このホブと工作物はホブ盤 (ホブで加工する工作機械) に取付けられ,一定の関係を保つ回転運動と送りによって歯切りする。ホブ材料には高速度工具鋼以上の性能をもつものが用いられ,諸寸法,その他が JISに定められている。通常の歯車のほかにスプライン軸,スプロケット車,セレーションなどの特殊な歯車をも創成歯切りすることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (hob)⸨ホッブ⸩ 歯車などの歯を切削する刃物。ホブ盤に取りつけて使う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のホブの言及

【歯車】より


[歯車の工作法]
 歯車の工作法は切削による方法と非切削による方法に大別される。切削による方法にも多くの方式があるが,もっとも多く用いられている方法は,創成歯切り法と呼ばれ,ラックカッターあるいはホブを用いて歯形を切り出すものである。インボリュート平歯車において,これと幾何学的に正確にかみ合うラックを考える。…

※「ホブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android