コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホミャコフ Khomyakov, Aleksei Stepanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホミャコフ
Khomyakov, Aleksei Stepanovich

[生]1804.5.13. モスクワ
[没]1860.10.5. イバノフスコエ
ロシアの詩人,哲学者。大地主で,モスクワ大学物理数学部卒業後,論文『古きものと新しきものについて』O starom i novom (1839) を書き,スラブ主義の哲学をロシアで初めて展開,1840年代の西欧派との論戦では,K.アクサーコフ,I.キレエフスキーとともにスラブ派の理論的支柱となった。歴史の推進力を宗教 (彼によれば真のキリスト教信仰としてのロシア正教) に見,それに基づく有機的な共同性を社会の理想とした。真の啓蒙は民族固有の文化の研究を前提とすると考え,民話の編纂にもたずさわった。また『曙』K zare (27) ,『霊感』 Vdokhnovenie (28) などロマン主義的な宗教的抒情詩も残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホミャコフの関連キーワードエルマク・チモフェービッチスラボフィルサマーリン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android