コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルビッツ ホルビッツHorvitz, H. Robert

2件 の用語解説(ホルビッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルビッツ
ホルビッツ
Horvitz, H. Robert

[生]1947.5.8. イリノイシカゴ
アメリカ合衆国の生物学者。2002年「器官の発生とプログラムされた細胞死(アポトーシス)の発見」に対し,シドニーブレンナージョンサルストンとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルビッツ
ほるびっつ
Howard Robert Horvitz
(1947― )

アメリカの生物学者。イリノイ州シカゴに生まれる。マサチューセッツ工科大学で経営学、数学を専攻、1974年にハーバード大学で生物学の博士号を取得。1978年マサチューセッツ工科大学準教授、1986年同大学教授。1988年より同大学ハワードヒューズ医学研究所に移る。イギリスにて、S・ブレンナー、J・サルストンらとともに、線虫C. エレガンス(C. elegans)を用いて、卵から成体までの、すべての細胞の運命の決定に関する研究に携わった。この研究で、線虫の発生の過程では細胞分裂により増えた細胞の多くが、規則正しく死んでいくことを明らかにした。さらに、発生過程における細胞死(アポトーシス)が、遺伝子に組み込まれた特定のタンパク質により支配されていること、細胞死を支配する遺伝子が線虫だけでなくヒトを含む生物全般に共通して存在することを明らかにした。この発見により、これまで受動的におきると考えられていた細胞死の多くが、遺伝子に組み込まれたメカニズムにより能動的に引き起こされていることがわかり、癌(がん)や神経変性疾患などの病気における細胞死の分子機構の解明に大きく貢献した。この業績に対し、ブレンナー、サルストンとともに2002年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホルビッツの関連キーワード2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係ラジオドラマ議会議事録長寿化

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone