ホルモン受容体(読み)ホルモンじゅようたい(英語表記)hormone receptor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルモン受容体
ホルモンじゅようたい
hormone receptor

あるホルモンと強く結合する蛋白質をホルモン受容体と呼ぶ。 1960年にアメリカの J.テンセンらがラットの子宮にエストラジオールと強く結合する蛋白質を発見したのが最初で,これが子宮だけでなく乳腺などのエストロゲン標的臓器にも存在することを認めた。現在では,乳癌の組織にもエストロゲンと強く結合するエストロゲン受容体の存在が明らかとなり,その測定技術も向上してきた。この結果,乳癌の発生や増殖がエストロゲンなどのホルモンに左右されているかどうかを予測できるようになり,ホルモン療法を行なうときの大きな指標となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android