コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーエフェル Höevell, Wolter Robert Baron van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーエフェル
Höevell, Wolter Robert Baron van

[生]1812.7.15.
[没]1879.2.10.
オランダの牧師で,植民地行政改革論者。 1836年にオランダ領東インドに渡航し,バタビア (ジャカルタ) で布教に従事しながら,学術の振興に努めた。彼は当時のオランダ植民政策に不満をいだき,49年に帰国して雑誌を発刊し,植民地の実情を報じた。 49~62年の間オランダ下院議員となり,54年の東インド統治法成立に貢献し,また強制栽培制度廃止の素地をつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android