コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホークスビー ホークスビーHauksbee, Francis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホークスビー
Hauksbee, Francis

[生]1666頃
[没]1713.4.
イギリスの実験物理学者。衣料商の家に生れ,独学で科学を学んだ。個人教授や科学器具の製作を通じ,特にその実験的手腕の名声が高かった。 1703年,ロンドン・ロイヤル・ソサエティで行なった真空中の水銀の発光現象の実験が認められ,ロイヤル・ソサエティの専属実験担当者となる (1704) 。同会員 (05) 。当時その会長であったニュートンの信任があつく,ホークスビーの行なった静電気毛管現象を主とする諸実験は,ニュートンの『プリンキピア』や『光学』の改版に際して,多くの理論的再考を促した。またその後の電気の実験的研究にも多大の影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホークスビーの関連キーワード江島其磧熊本藩クロノグラム火災保険大老狩野常信采覧異言ジブラルタルディドロ日本新永代蔵