改版(読み)カイハン

デジタル大辞泉の解説

かい‐はん【改版】

[名](スル)
印刷物の原版を新しく作りなおすこと。
書物などの内容を訂正し、印刷・発行しなおすこと。また、その出版物。
[補説]もともとは、木版印刷版木を彫りなおす意に用いられた。その場合、「板」の文字を用いることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいはん【改版】

( 名 ) スル
出版物の内容を改め、版を新たにして出版すること。また、その出版物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐はん【改版】

〘名〙 版木を彫り直したり、活字を組み直したりして、出版物原版を改めること。出版物の内容に手を加え、版を新しくして出すこと。また、その出版物。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉一一「多々羅三平の件を悉く削除しては、全巻を改板(カイハン)する事になるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改版の関連情報