ホーハイ節(読み)ホウハイブシ

大辞林 第三版の解説

ほうはいぶし【ホーハイ節】

〔「ホーハイ」は囃子詞はやしことば
青森県の民謡で、つがる市森田町の盆踊り唄。裏声を使うところはアイヌの唄に似ており、日本民謡中異色のもの。ほうはえ節。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーハイ節
ほーはいぶし

青森県津軽地方の民謡。つがる市森田(もりた)町を中心に歌われてきた盆踊り唄(うた)だが、その起源ははっきりしていない。天正(てんしょう)年間(1573~92)津軽の領主が兵士の士気を鼓舞するために歌った「奉拝節」だという説、あるいは、その領主が豊作の稲田を褒めたところ、農民たちが喜んで歌ったので「穂拝節」と名づけたのだという説もある。この唄の特徴は、囃子詞(はやしことば)の「ホーハイ ホーハイ」を歌うとき、「ホー」で息を吸い「ハイ」で息を吐く発声のため「ホー」の部分が裏声になり、日本の民謡では珍しいヨーデル唱法になっていることである。この種の歌い方は、ほかに秋田県鹿角(かづの)地方の「ホーハイ胴突き唄」や山形県羽黒あたりの唄「きもんじゃ」をはじめ、九州の壱岐(いき)や五島、それに沖縄地方にあるくらいである。[斎藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホーハイ節の関連情報