コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイスカメラ

百科事典マイペディアの解説

ボイスカメラ

雷の電光動態をとらえるための特殊カメラ。レンズ円盤につけて回転させ,回転位置が次々と移るごとにフィルム上に順にを結ばせる方式と,レンズを固定してフィルムを回転させて順に像を結ばせる方式とがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイスカメラ
ぼいすかめら
Boys camera

イギリスのボイスSir C. Boysが1926年に考案したもので、電光の観測に使われる。放電は一瞬で終わるものではなく、電光が伸びるのにある程度の時間がかかり、また、同じ道を通る何回かの放電がある。ボイスカメラは、二つの同じようなレンズを回転する円板の中心に対称に取り付ける。二つのレンズは反対方向に動くため、写された二つの電光像は、放電がゆっくり伸びるほど大きくずれる。第一レンズによる電光像をabc、第二レンズのをa′b′c′とする。a′をaに重ね、b′c′を平行移動する。二つの像のずれと円板の回転の速さから、放電が伸びる速さを計算する。実際には枝分れ電光があったりして分析には労力を要する。[篠原武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android