コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボエチウス ボエチウス Boethius, Anicius Manlius Severinus

1件 の用語解説(ボエチウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボエチウス
ボエチウス
Boethius, Anicius Manlius Severinus

[生]470~475? ローマ?
[没]524. パビア?
ローマの哲学者,神学者,政治家。名家に生まれてアテネに学び,東ゴートテオドリック大王に仕え,コンスル(執政官)を経て宰相となったが反逆罪の疑いで処刑された。プラトンアリストテレスポルフュリオスらの翻訳,注釈を試みたほか,神学的論文『三位一体論』De trinitate,『エウテュケスおよびネストリウス反駁』Contra Eutychen et Nestoriumなどを著したが,最も著名なものは獄中で書いた新プラトン派の影響のもとに神と人間についての考察を深めた『哲学の慰め』De consolatione philosophiaeであり,散文と韻文を交え自身と「哲学」の対話の形式を有する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボエチウスの関連キーワードリーマン幾何学ローマンゼノンローマナイズローマ教会ローマ風呂ローマンノーズローマの泉ローマの祭ローマの祭り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone