コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスラ ボスラBosra

2件 の用語解説(ボスラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスラ
ボスラ
Bosra

シリア南西部,首都ダマスカスの南 108kmに位置する古代都市。古くはナバタイ王国 (→ナバタイ人 ) の戦略都市であったが,2世紀初頭,ローマ帝国に征服されてアラビア属州 (→アラビア) の州都となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボスラ(Bosra)

シリア南部、ヨルダン国境近くの都市。古くから交通の要地として栄え、ローマ帝国の支配下では都市計画に沿って多数の施設や道路などが作られた。玄武岩を使って建てられた円形劇場のほか、神殿、浴場などの遺跡が残る。1980年に「古代都市ボスラ」として世界遺産文化遺産)に登録。2013年、国内騒乱による破壊などが理由で危機遺産に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ボスラの関連キーワード除夜の鐘転換株式ハッシウム職員団体水滸伝除夜の鐘フライ級種類株式議決権送達

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボスラの関連情報