ボナヴェントゥーラ テッキ(英語表記)Bonaventura Tecchi

20世紀西洋人名事典の解説

ボナヴェントゥーラ テッキ
Bonaventura Tecchi


1896 - 1968
イタリアの小説家
イタリア・ドイツ学会会長。
第一次世界大戦に参加し、捕虜となりドイツに抑留される。その時の体験からドイツ文学に興味を持ち、のちローマ大学のドイツ文学教授も務める。「砂に書かれた名前」(1924年)で作家としてデビューする。「バレンティーナ・ベリエル」(’50年)、「エゴイストたち」(’62年)では、孤独な人間のエゴイズムや他人との軋轢をリアルな文体で表現する。「カロッサ論」(’47年)、「トーマス・マンの芸術」(’56年)などの翻訳も多数ある。イタリア・ドイツ学会会長としても知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android