コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニファチウス3世 ボニファチウスさんせいBonifatius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボニファチウス3世
ボニファチウスさんせい
Bonifatius III

[生]?. ローマ
[没]607.11.12. ローマ
ローマ出身の第66代教皇在位 607.2.~11.)。ローマ教会の助祭であった 603年,教皇グレゴリウス1世(在位 590~604)により,教皇大使としてコンスタンチノープルへ派遣され,ビザンチン皇帝フォーカス(在位 602~610)から,ローマ教皇を全教会の首長と認めるという勅令を得た。また教皇として,教皇選挙を規制するための教会会議を招集した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボニファチウス3世の関連キーワード小野妹子創建法隆寺米自治体の破産小野妹子遣隋使日没する処法隆寺小野妹子遣隋使ニカラグア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android