コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルケナウ Borkenau, Franz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルケナウ
Borkenau, Franz

[生]1900
[没]1957
ドイツの思想史家,ジャーナリスト。 1921~29年ドイツ共産党員。 1920年代末から 30年代なかばまでフランクフルト大学付属社会研究所に属していたが,ナチスに追われて 34年イギリスに亡命した。第2次世界大戦後は帰国してジャーナリストとして活躍した。主著『封建的世界像から市民的世界像への移行』 Der Übergang vom Feudalen zum Bürgerlichen Weltbild (1934) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボルケナウ(Franz Borkenau)

[1900~1957]ドイツの社会思想史学者・政治学者。ドイツ共産党やコミンテルンなどで活動し、ナチス政権成立後は英国に亡命した。著「封建的世界像から市民的世界像へ」「スペインの戦場」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ボルケナウ【Franz Borkenau】

1900‐57
ドイツの思想史家,ジャーナリスト。ウィーン生れ。1921年から29年までドイツ共産党員。離党までの後半をコミンテルンでの活動に費やし,後に反スターリン的観点からコミンテルン史を執筆した。20年代末から30年代半ばまでフランクフルト社会研究所に所属。大著《封建的世界像から市民的世界像へ》(1934)は,17世紀の数学的・機械論的世界観の成立を歴史的・社会的条件との連関において把握したもので,その方法論は日本の思想界にも影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボルケナウ【Franz Borkenau】

1900~1957) ドイツの社会思想史家。コミュニストとして活動。大著「封建的世界像から市民的世界像へ」において、近代科学の成立史を一般社会史の中に位置づけ、科学史、思想史に新生面を開く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルケナウ
ぼるけなう
Franz Borkenau
(1900―1957)

ドイツの政治・社会理論家、社会思想史家。ウィーンに生まれる。第一次世界大戦後1920年代にはドイツ共産党に入って活躍し、1930年代初めにはM・ホルクハイマーの率いるフランクフルト社会研究所にも所属した。1933年ヒトラー政権の成立により研究所はアメリカに亡命し、彼もイギリスへの亡命を余儀なくされた。近代初頭の機械論的自然観の成立と展開をマニュファクチュア的生産過程との関連において解明しようとした大作『封建的世界像から市民的世界像へ』(1934)は、この研究所の叢書(そうしょ)第4巻としてパリで刊行されている。これ以後しだいに共産党、コミンテルンに対する批判的立場を強め、スペイン戦争のルポルタージュ『スペインの戦場』(1937)、『コミンテルン』(1938)などにその立場は明確に現れている。第二次世界大戦後、一時マールブルク大学で教職にもついたが、主として文筆家としての活動を続けた。[生松敬三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ボルケナウ

生年月日:1900年12月15日
ドイツの社会思想学者
1957年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ボルケナウの関連キーワードコミュニスト生年月日生松敬三新生面

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android