コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウガリト ウガリトUgarit

5件 の用語解説(ウガリトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウガリト
ウガリト
Ugarit

シリア北部,ラタキアの北約 10km,ラス・シャムラにある新石器時代から青銅器時代の遺跡。前 2000年頃のエジプトおよびヒッタイトの記録によれば,カナンの古都市。当時海上貿易の中心地であったが,前 1200年頃エーゲ海の海洋民族に奪われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウガリト(Ugarit)

シリア北西部にある都市遺跡。ラタキアの北約10キロメートルに位置し、現代ではラスシャムラ呼ばれる紀元前4000年以前に成立していたとされる。町は城壁に囲まれ、神殿、王宮、住居などの遺構がある。ここで発見された紀元前12~13世紀頃の粘土板に刻まれた独自の表音文字は、アルファベットの原型と考えられている。ウガリット

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウガリト

現名ラス・シャムラ。シリア北部の古代都市遺跡。前15世紀ころから海陸貿易の要衝として繁栄し,エジプト,クレタバビロニアの影響を受けた文化が成立。1929年以来フランスによる大規模な発掘調査が行われ,城壁にかこまれた王宮跡からは銀箔の柱や金器,銀製神像などが出土,また神殿跡からは,30字の楔形(くさびがた)文字アルファベットが記された粘土板が発見され,旧約聖書フェニキア文化の研究に貢献した。
→関連項目ラタキア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウガリト【Ugarit】

シリアの地中海岸にあった古代都市名。現在はラス・シャムラRas Shamraと呼ばれる大遺跡丘をなす。その近くのミネト・エル・ベイダ(〈白い港〉の意)には墓域があった。1929年以来C.F.A.シェフェールらのフランス調査団が大規模な発掘を続け,宮殿を中心とする都市遺跡と多数の粘土板文書を出土させた。ウガリトにおける人間の居住の歴史は新石器時代にさかのぼるが,金石併用期になるとメソポタミアとの文化接触の痕跡が見え,西アジア地中海世界,特にエーゲ・ギリシア世界との接合点としてのこの都市の役割が明らかになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウガリト
うがりと
Ugarit

シリア西部にあるテル(遺丘)。現在名はラス・シャムラ。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウガリトの言及

【シリア・カナン神話】より

…近年のオリエント考古学は,シリア・カナン地域の神話について,それを生みだしたウガリト社会の研究を中心に,多くの画期的成果を提供している。長い間,砂に埋もれていたこの地域の神話に,最初の光が当てられたのは,たまたま畑を耕していたシリアの農夫の鋤の先からであった。…

※「ウガリト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウガリトの関連キーワード東京マラソンオープンウオータースイミングOWS流氷山陽女子ロードレース大会厚岸湾秋田・児童連続殺害太陽系金星小惑星

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone