コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココ・テムル(拡廓帖木児) ココ・テムルKökö Temür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ココ・テムル(拡廓帖木児)
ココ・テムル
Kökö Temür

[生]?
[没]1375. ハラ・ノハイ
元の軍閥。河南のウイグル人。漢名を王保保という。モンゴル名ココ・テムルは順帝から賜わったもの。チャガン・テムルの甥でその養子となり,1362年養父が益都で田豊,王士誠に殺されると代ってその軍を率い,山東,河南,陝西を押え,太原をうかがう大同のボロト・テムル (孛羅帖木児) と争った。至正 25 (1365) 年皇太子アーユシュリーダラ (愛猷識理達臘) を奉じて大都に入り,ボロト・テムルを滅ぼして河南王に封じられた。まもなくその軍中に分裂を生じ,洪武1 (68) 年明軍が北上してくると,太原を捨てて甘粛に走り,カラコルムに拠った。同5年明の徐達の軍を撃滅したが,のちアルタイ山のハラ・ノハイで死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ココ・テムル(拡廓帖木児)の関連キーワードアーユシュリーダラ(愛猷識理達臘)ボロト・テムル(孛羅帖木児)常遇春至正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android