ボロー(英語表記)Borrow, George (Henry)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロー
Borrow, George (Henry)

[生]1803.7.5. イーストディアラム
[没]1881.7.26. オールトンブロード
イギリスの作家。軍人の家に生まれ父親に従って国内各地を移動,20歳頃から放浪生活に入り,ロシア,ポルトガル,スペインなどを旅行。抜群の語学力を駆使した翻訳もある。ロマの集団に加わってイギリスの田舎を放浪した経験を語る小説『ラベングロー』Lavengro(1851)や『ロマニー・ライ』The Romany Rye(1857),スペインでの聖書普及事業の経験を述べた紀行『スペインにおける聖書』The Bible in Spain(1842)などで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボロー【George Borrow】

1803‐81
イギリスの小説家,エッセイスト。放浪の作家として知られ,イギリス,ヨーロッパ各地,近東を広く旅し,その体験から多くの紀行・小説を書いた。とくにジプシーについての権威とみられ,《ジンカリ――スペインのジプシー》(1841),《スペインの聖書》(1843),《ラベングロー》(1851)などが知られている。メリメの小説《カルメン》の中でも彼の名が登場する。【小池 滋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android