コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンボア ボンボアBombois, Camille

2件 の用語解説(ボンボアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボンボア
ボンボア
Bombois, Camille

[生]1883.2.3. コートドール
[没]1970. パリ
フランスの画家。さまざまな職業に従事しながら独学で絵をかく。プリミティブな画風で,女曲芸師や道化師を多く描いた。 A.ルソーや A.ボーシャンとともに 20世紀の素朴派を代表する画家の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボンボア
ぼんぼあ
Camille Bombois
(1883―1970)

フランスの画家。ブルゴーニュのベナリー・レ・ロームに生まれる。父親が河船の船頭であったため、幼年時代水上生活で送る。1907年パリに出て、地下鉄の工事人夫、ついで印刷工となり、仕事のかたわら制作に励む。第一次世界大戦に従軍後、22年モンマルトルの舗道に作品を並べたところ、運よく詩人のノエル・ビュローの目にとまり、続いて批評家ウィルヘルム・ウーデに認められ、彼の助力で制作に専念できるようになった。静謐(せいひつ)な風景、サーカスの情景など自己の追憶を生気ある色彩と細密描写によって表現、その画面からは健康的な官能性が発散されている。素朴派画家の一人。パリに没。[徳江庸行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボンボアの関連キーワードアルマン条約電気事業ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン石炭化作用カフカ高田保馬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボンボアの関連情報