コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーナス・アーミー ボーナス・アーミーBonus Army

1件 の用語解説(ボーナス・アーミーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーナス・アーミー
Bonus Army

1932年の大恐慌下のアメリカで,第1次世界大戦従軍の退役軍人のうち,45年に支給予定の戦時兵役勤務者特別賞与金を即時支払えと要求して,全国から首都ワシントン D.C.に集った集団。 32年5月にポートランドの退役軍人がワシントン D.C.に向けて行進しはじめたのを皮切りに,1万数千人が家族とともにワシントン D.C.に集り,6月に下院を通過した軍人ボーナス法案が上院で否決された頃には,W.ウォーターズ元軍曹を指導者として,議会近くの湿地帯に野宿,議会が休会に入っても退去しなかった。このため7月 28日 D.マッカーサー陸軍参謀の指揮下に,騎兵,戦車隊,歩兵が宿営地に突入,掘建て小屋に火を放ち,ガス弾を撃って,退役軍人たちを退去させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボーナス・アーミーの関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone