コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーラン峠 ボーラントウゲ

デジタル大辞泉の解説

ボーラン‐とうげ〔‐たうげ〕【ボーラン峠】

Bolan Pass》パキスタン西部、バルチスタン州のブラフーイ山脈にある峠。州都クエッタの南東約40キロメートルに位置する。最高点の標高約1800メートル。古来西方からインドに入る要路として知られた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーラン峠
ぼーらんとうげ
Bolan Pass

パキスタン西部、バルーチスターン州のブラヒュー山脈にある峠。州都クエッタとインダス平原を結ぶルートの要衝である。全長約90キロメートル、最高点の標高は1800メートル。道路と並行して鉄道が走る。古来、西方からインドへ入る関門の一つとして知られた。周辺にはバルーチ人、パターン人が住んでいる。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボーラン峠の関連キーワードシカールプルパキスタン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android