コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアソンの法則 ポアソンのほうそくPoisson's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポアソンの法則
ポアソンのほうそく
Poisson's law

理想気体が準静的な断熱変化 (→準静的過程 ) を行うとき,その圧力を p ,比体積を v とすると,pvγ が一定という関係がある。これをポアソンの法則という。ただし,γは定圧比熱 cp と定積比熱 cv との比 cp/cv を表わす。理想気体が準静的な等温変化を行うときはボイルの法則が成り立つが,ポアソン法則はこれと並ぶ基本法則である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポアソン‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ポアソンの法則】

熱力学の法則の一。理想気体断熱変化させたとき、圧力Pと体積Vの間に、PVγが一定という関係式が成り立つ。γは比熱比

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ポアソンの法則の関連キーワード断熱膨張定積比熱定圧比熱熱力学断熱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android