コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイニングズ法 ポイニングズほう Poynings' Law

2件 の用語解説(ポイニングズ法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポイニングズ法
ポイニングズほう
Poynings' Law

イギリスのアイルランド統治に関する法。 1494~95年ドローイダで開かれた議会で成立した 49ヵ条から成る「ドローイダ制定法」のうち2ヵ条が,制定者アイルランド総監 E.ポイニングズにちなんでこう呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポイニングズほう【ポイニングズ法 Poynings’ Laws】

アイルランド内のイギリス領植民地統治に関する法律。1494‐95年成立。名称は法制定当時アイルランド総督代理を務めたポイニングズEdward Poynings(1459‐1521)にちなむ。49の法律が成立したが,なかでも,当時のイギリス公法をすべてアイルランドに適用することを定めた法と,アイルランド議会の開催と審議さるべき法案はあらかじめイギリス国王および枢密院の認可を必要とすることを規定した法とが,この名で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のポイニングズ法の言及

【グラタン議会】より

…1782年グラタンは権利の宣言を議会に提出,両院は満場一致でこれを承認した。こうした動きに対応して,イギリス議会も1720年以来イギリス議会の優位を規定していた宣言法を廃止し,アイルランド議会独自の開催権を否定していたポイニングズ法を根本的に修正した。グラタン議会においては,カトリック救済法が次々に採択され,被選挙権は否決されたものの,カトリックの土地取得権,教職,官吏・軍人職への就任などが認められた。…

※「ポイニングズ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポイニングズ法の関連キーワードアイルランドイギリス東インド会社インド省シャーロットタウン会議ダブリン藩王国アイルランド[島]グレート・ブリテン・アンド・アイルランド連合王国モントセラト[島]イギリス・アイルランド条約

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone