コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイニングズ法 ポイニングズほうPoynings' Law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポイニングズ法
ポイニングズほう
Poynings' Law

イギリスのアイルランド統治に関する法。 1494~95年ドローイダで開かれた議会で成立した 49ヵ条から成る「ドローイダ制定法」のうち2ヵ条が,制定者アイルランド総監 E.ポイニングズにちなんでこう呼ばれる。 (1) イングランド公法をアイルランドにも適用する,(2) アイルランド議会の開会と立法作業をイングランド王と枢密院の管理下におき,これらの同意をあらかじめ求めないアイルランド議会立法は無効であるというもの。この結果 1782年の同法の事実上の廃止まで,イングランドの国璽による許可がなければアイルランド議会の開催は不可能となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポイニングズほう【ポイニングズ法 Poynings’ Laws】

アイルランド内のイギリス領植民地統治に関する法律。1494‐95年成立。名称は法制定当時アイルランド総督代理を務めたポイニングズEdward Poynings(1459‐1521)にちなむ。49の法律が成立したが,なかでも,当時のイギリス公法をすべてアイルランドに適用することを定めた法と,アイルランド議会の開催と審議さるべき法案はあらかじめイギリス国王および枢密院の認可を必要とすることを規定した法とが,この名で知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポイニングズ法の言及

【グラタン議会】より

…1782年グラタンは権利の宣言を議会に提出,両院は満場一致でこれを承認した。こうした動きに対応して,イギリス議会も1720年以来イギリス議会の優位を規定していた宣言法を廃止し,アイルランド議会独自の開催権を否定していたポイニングズ法を根本的に修正した。グラタン議会においては,カトリック救済法が次々に採択され,被選挙権は否決されたものの,カトリックの土地取得権,教職,官吏・軍人職への就任などが認められた。…

※「ポイニングズ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポイニングズ法の関連キーワードグラタン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android