ポセフ(読み)ぽせふ(英語表記)ПосевPosev

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポセフ
ぽせふ
Посев Posev

亡命ロシア人たちによる社会経済雑誌。1945年、ドイツのフランクフルトで同名の出版社から創刊された。名称は「種まき」を意味する。同誌の主張によれば、言論活動を通じて「ロシアにおける法と自由と公正のための闘争」に参加してきたという。創刊翌年には同じ出版社から「文学、芸術、科学と社会政治思想の雑誌」として『グラーニ』(「境界」の意)が季刊雑誌として創刊されたが、ここではソ連で検閲のために発表できなかったアフマートワ、ブルガーコフ、ブーニン、ウラジーモフボイノービチ、ガーリチ、マクシーモフ、マンデリシュターム、ナボコフ、オクジャワ、パステルナーク、プラトーノフ、ソルジェニツィン、ツベターエワなどの有名作家たちの作品が次々と発表された。
 約半世紀の間、ソ連においては非合法で普及し、ソ連の新聞雑誌のなかで「もっとも反ソ的白軍的(反革命的)雑誌」として知られていた同誌は、ソ連崩壊後の1992年からモスクワで公然と発行されるようになった。創刊当時は週刊、1968年からは月刊、90年からは隔月刊となる。2000年夏の発行部数は約3000部。[大木昭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android