コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポゾラナ possolana, pozzolana

岩石学辞典の解説

ポゾラナ

熔岩が火山作用による過熱水蒸気やCO2に侵されて非結晶質の細粉状物質に変化したもので,もとの火成岩の造岩鉱物を保留していることがある[渡辺編 : 1935].多孔質で軽く固結した火山性凝灰岩で,水硬性セメント製造に使用された.元来はイタリアの地方的な名称であったが現在は各地で発見された同様の物質に広く使用されている[Blyth & Freitas : 1974].この型の凝灰岩がセメントの製造に使えることを最初に注目したのはギリシャ人のヴィトルヴィウスで,ナポリ付近のポゾウリ(Pozzouli)から採掘利用したにに起因している[Vitruvius : 10B.C.].プリニイはPuteoliからの塵と記載している[Pliny : 77].この物質は石灰と混合し,水を入れて糊状にすると水セメントとなる性質があって,ポートランド・セメントのように熱を要せず,乾燥すると硬化する性質をもっている[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ポゾラナの関連キーワード地球温暖化カーボンオフセットカルボキシラーゼ熱帯林環境価値カーボンプライシングアゾトメトリー炭酸スマートムーブ海洋の酸性化

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android