コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポッケルス効果(光学) Pockels effect

1件 の用語解説(ポッケルス効果(光学)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ポッケルス効果【Pockels effect】

電場を加えたとき,ある種の結晶において,屈折率のテンソルが,電場の強さの一次に比例して変化する現象をいう.圧電性のある結晶に光線を照射して,これと直角方向に電場を印加すると,結晶が複屈折性を帯びて,入射光線が2本に分裂する.これをポッケルス効果という.別名を一次電気光学効果ともいう.このような結晶を用いて光の強さを電場により変調することができる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポッケルス効果(光学)の関連キーワード圧電気電場誘電損失結晶構造面角一定の法則ゴルスキー効果ショットキー欠陥ボルディーニ効果面角不変の法則ヨッフェ効果(結晶)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone