コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポッケルス効果(光学) Pockels effect

法則の辞典の解説

ポッケルス効果【Pockels effect】

電場を加えたとき,ある種の結晶において,屈折率のテンソルが,電場の強さの一次に比例して変化する現象をいう.圧電性のある結晶に光線を照射して,これと直角方向に電場を印加すると,結晶が複屈折性を帯びて,入射光線が2本に分裂する.これをポッケルス効果という.別名を一次電気光学効果ともいう.このような結晶を用いて光の強さを電場により変調することができる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ポッケルス効果(光学)の関連キーワード非線形光学電気光効果カー効果PLZT

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android