コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポッケルス効果 ぽっけるすこうか

2件 の用語解説(ポッケルス効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポッケルス効果
ポッケルスこうか

電気光学効果」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポッケルス効果
ぽっけるすこうか
Pockels effect

誘電体の等方性結晶に電場をかけると複屈折を示す現象。ドイツ物理学者ポッケルスFriedrich Pockels(1865―1913)が1893年に発見したもので、電場強度に比例して屈折率が変化するため一次の電気光学効果(光の非線形効果の一つ)とよばれ、電場強度の二乗に比例する電気光学カー効果とは区別される。圧電性のある結晶に光を入射し、その入射光と垂直に電場をかけると入射光が複屈折により2本に分裂する。この効果を使い、電場の強弱により出力光を制御することができるようにした光学素子をポッケルス・セルという。屈折率の大きさを制御できるので、光変調器、光偏向器などに利用される。[山本将史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポッケルス効果の言及

【カー効果】より

…ニトロベンゼンのカー効果の緩和時間が10-8秒程度ときわめて短く,電場がなくなると複屈折性も直ちに消失するので,これは電気的に操作のできる高速の光シャッターとして用いられる。なお,中心対称性のない結晶では,異常光線と常光線の屈折率の差が電場に比例して生ずる現象があり,これはポッケルス効果Pockels effectと呼ばれる。KDP(リン酸二水素カリウム)やADP(二水素リン酸アンモニウム)などの強誘電体や,反強誘電体の結晶でこの効果が大きい。…

※「ポッケルス効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone