コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポティエ Robert‐Joseph Pothier

世界大百科事典 第2版の解説

ポティエ【Robert‐Joseph Pothier】

1699‐1772
フランスの法律家。オルレアンで生まれ,同地の上座裁判所présidialの評定官の職を父から相続(1720)したのち,同地で死去するまでその職にあり,またこの間(1750‐72)オルレアン大学の教授をも務めた。ローマ法,教会法とともに慣習法の研究にも従事し,各種慣習法の中の共通要素を明らかにし,そこにフランス固有の一般法を認識してフランス法を統一しようとした〈慣習法学派〉の一人として活躍した。学風は,同時代のドイツなどの自然法学派の影響や彼独自の哲学といったものはなく,現実主義実用主義的傾向が強かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポティエ
ぽてぃえ
Robert Joseph Pothier
(1699―1772)

18世紀フランスの最大の法学者。オルレアンに生まれ、同地の初審裁判所評定官を務め、またオルレアン大学教授であった。ローマ法の深い造詣(ぞうけい)に基づいてフランスの慣習法を研究、その著作はブルジョン、ドマらの著作とともにフランス民法典(ナポレオン法典)の編纂(へんさん)に大きな影響を与えた。著書には『オルレアン地方の慣習法についての新考察』Coutume d'Orlans, avec des observations nouvelles(1740)、『債務論』Trait des obligations(1760)など多数がある。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポティエの関連キーワードスマローコフ噺本蕪村一如上人ダンピアシャフツベリー(伯)フレデリック4世中島川山田灌水ポチエ

ポティエの関連情報