コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポプリコラ ポプリコラ Poplicola(Publicola), Publius Valerius

2件 の用語解説(ポプリコラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポプリコラ
ポプリコラ
Poplicola(Publicola), Publius Valerius

前6~5世紀のローマ共和政設立者の一人。伝承では前 509年タルクイニウス・スペルブス王を追放し,ユニウス・ブルーツスとともに初代執政官 (コンスル ) となったとされる。そのほか,市民の控訴権を定めたり,元老院議員をふやしたり,財務官 (クアエストル ) 職を設置したなどの功績があるとされているが,事実ではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポプリコラ【Publius Valerius Poplicola】

?‐前504?
古代ローマの政治家。共和政が成立した前509年から,前506年を除き没年まで毎年コンスル(執政官)に就任し,民会上訴権を設定したり,元老院議員数をふやしたり,財務官職(クアエストル)を創設したりした。その親民衆的な政策によってポプリコラ(〈民衆の友〉の意)と称されたと伝えられる。実在の人物であることは確実視されるが,彼の国制改革に関する伝承は,後世の事実を彼に仮託したものと考えられる。【平田 隆一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポプリコラの関連キーワードネポスカトーグラックススキピオ多頭政治プリニウスブルートゥス共和政治ローマ風呂古代ローマの航跡をたどれ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone