コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポベーダ峰 ポベーダほうpik Pobedy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポベーダ峰
ポベーダほう
pik Pobedy

キルギス東端部,中国との国境に位置する高峰。テンシャン (天山) 山脈南部のコクシャルタウ山脈東部にあり,テンシャン山脈の最高峰となっている。標高 7439m。斜面は氷河に覆われる。 1943年発見された。ポベーダロシア語で「勝利」を意味し,第2次世界大戦での勝利を記念して命名。 1956年ソ連隊が初登頂。北約 20kmに,それまでテンシャン山脈の最高峰とされていたハンテングリ山 (6995m) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポベーダ峰
ぽべーだほう
Пик Победы Pik Pobed 

中央アジアを東西に走る天山山脈中の一峰。キルギス共和国と中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区との境界上に位置する。標高7439メートル。1938年ソ連探検隊が初登頂し、当時「全ソ連邦レーニン共産青年団20周年峰」Пик 20 лет ВЛКСМ/Pik 20 let VLKSMと命名。43年ソ連地形測量班が登頂して真の標高を決定。当時は第二次世界大戦中で、戦局が連合国側に有利になりつつあったため、ポベーダ(勝利)と命名された。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例