コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポマ・デ・アヤラ Felipe Guamán Poma de Ayala

世界大百科事典 第2版の解説

ポマ・デ・アヤラ【Felipe Guamán Poma de Ayala】

1534?‐1615
ペルーの年代記作者。ワヌコ地方の王族の子孫と自称するインディオキリスト教徒となり,スペイン語を習得し,1613年ごろ《新しい記録と良き統治》(1936刊)を著す。2部から成るこの作品は数多くの挿絵を用いてインカ以前の時代からスペイン支配の時代に至る政治,社会,文化などを記した貴重な資料である。スペイン人による征服・支配の正当性には言及せず,むしろ現実主義的な立場をとっているが,他方ではインディオ世界とスペイン人世界を二分してクスコを中心とした新しい王国の建設を主張した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ポマ・デ・アヤラの関連キーワード伯爵戦争本阿弥光悦元和人形浄瑠璃本阿弥光悦クレメンス宇喜多能家クレメンスパウルス3世イグナティウス・デ・ロヨラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android