ポメラニアン(読み)ぽめらにあん(英語表記)Pomeranian

翻訳|Pomeranian

日本大百科全書(ニッポニカ)「ポメラニアン」の解説

ポメラニアン
ぽめらにあん
Pomeranian

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、愛玩(あいがん)犬としては代表的な犬種である。原産地は、ドイツ東部とポーランド西部にまたがるポメラニア地方とされている。とがった吻(ふん)や立ち耳などから、その祖先は北ヨーロッパ産の大形スピッツ族の犬種であったとみなされている。体格は、19世紀初期には13.5キログラムほどもあったが、小形のものが愛好されるに至って現在のように小形化された。美しい豊富な飾り毛をもち、全体が球状にみえる。毛色は黒、セーブル、オレンジ、クリーム、ブルー、暗褐色、斑(はん)、褐色などさまざまであるが、オレンジ系が好まれている。体高20~25センチメートル、体重1.3~3.2キログラム。ショーへの出場頭数も多く、このときは全体が丸くみえるように、無駄毛を多少トリミングする。

[増井光子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ポメラニアン」の解説

ポメラニアン
Pomeranian

イヌの1品種。ドイツ原産の長毛愛玩犬。敏捷さと鋭さをもち,特に被毛の華麗さは比類がなく,世界に多くの愛好家をもつ。祖先はポメラニア (→ポモージェ ) 地方のイヌで,昔は大きく体重が 8kgもあったが,現在では 1.5~3kgの小型に変形している。体高は 14~18cm。顔貌はややキツネに似て吻がとがり,耳は小さく直立している。頸と肩に開立した毛がたてがみ状にあり,尾には飾り毛がある。毛色は黒,赤,橙,クリーム,褐色など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ポメラニアン」の解説

ポメラニアン

〘名〙 (Pomeranian) 犬の一品種。ポメラニア(ポンメルン)地方(現在のポーランドのポモジェ地方)原産のスピッツ系の品種を、一九世紀末ごろにイギリスでミニチュア化して作られた愛玩犬。体重は一キログラム前後。口吻が短くとがり、キツネに似た顔で、全身をふさふさした毛がおおい、尾の毛がゆたか。尾は巻尾で背に背負う。毛色は単色で黒、茶、白、橙など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典「ポメラニアン」の解説

ポメラニアン【Pomeranian】

ドイツとポーランドにまたがるポメラニア地方原産の小型犬。下毛が豊富で、頸まわりはたてがみのようになっている。家庭愛玩犬としてのほかに、警戒心が強いので番犬にも適している。8世紀当時は体重が13kgを超えていたが、徐々に小型化され、19世紀末には現在の大きさ(3.2kg以下)になった。JKCでは、第5グループ(原始的な犬・スピッツ)に分類する。

出典 講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について 情報

百科事典マイペディア「ポメラニアン」の解説

ポメラニアン

イヌの一品種。体重約1.4〜3.2kg。ドイツ東部とポーランド西部にまたがるポメラニア(ポンメルン)地方原産の超小型愛玩犬。口吻(こうふん)が短くとがり,立ち耳。全身美しい長毛で覆われる。毛色は金茶が多く,黒,チョコレート,オレンジ,クリームなどもある。胸を張り尾をのように背負い,動作は機敏。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android