コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンキエッリ ポンキエッリ Ponchielli, Amilcare

2件 の用語解説(ポンキエッリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンキエッリ
ポンキエッリ
Ponchielli, Amilcare

[生]1834.8.31. /1834.9.1. クレモナ近郊パデルノファソラロ
[没]1886.1.16. ミラノ
イタリアの作曲家。クレモナのサン・イラリオ聖堂のオルガン奏者,楽長をつとめたのち,1856年オペラを発表。 76年代表作『ジョコンダ』を初演。ほかに G.ドニゼッティをたたえるカンタータ,A.マンゾーニのための葬送音楽などを作曲。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポンキエッリ
ぽんきえっり
Amilcare Ponchielli
(1834―1886)

イタリアの作曲家。クレモナ近郊のバデルノ・ファゾラーロ生まれ。早くから才能を認められ、9歳でミラノ音楽院に入学。卒業後北イタリア各地の教会、軍楽隊などで働きつつオペラ作曲を試みた。1872年ミラノで『婚約者』(1856年作曲の改訂版)が成功、オペラ作曲家としての地位を築く。翌73年にはスカラ座の委嘱でバレエ双生児(ふたご)の姉妹』を発表。76年にスカラ座でオペラ『ジョコンダ』を初演、彼のオペラのなかで最大の成功作になる。のちにベルディの台本作者として活躍するボイートがユゴーの戯曲をもとに書いた台本によるこのオペラは、第三幕のバレエ音楽「時の踊り」がとくに有名だが、ベネチアを舞台に歌姫ジョコンダの恋を劇的に描き、多くの名アリアを含んでいる。83年にミラノ音楽院教授に就任、教え子にプッチーニ、マスカーニらがいる。ミラノに没。
 ポンキエッリは、ベルディと同じ時代を生き、ベルディが国民的英雄とみなされたときに、彼に次ぐ名声を獲得した。しかし、彼の成功は1870年代に集中しており、これはベルディが新作を発表しなかった時期にあたっている。彼の作品は、今日ではまれに『ジョコンダ』が上演される程度である。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポンキエッリの関連キーワード市河得庵普門円通奥村志宇松本龍澤佐佐木徳綱梅ヶ谷源註拾遺長石岩カックラン桂直行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポンキエッリの関連情報