コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンパドゥール侯夫人 ポンパドゥールこうふじんPompadour, Jeanne-Antoinette Poisson, Marquise de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンパドゥール侯夫人
ポンパドゥールこうふじん
Pompadour, Jeanne-Antoinette Poisson, Marquise de

[生]1721.12.29. パリ
[没]1764.4.15. ベルサイユ
フランス王ルイ 15世の愛妾。資産家の娘として完全な教育を受け,1741年徴税総請負人ル・ノルマンと結婚。マダム・ド・タンサンやマダム・ジョフランのサロンに出入りし,ベルサイユ宮殿に招かれてルイ 15世の目にとまり,45年侯爵夫人の称号を受けてポンパドゥール侯夫人となった。彼女の乱費は,王室財政にとって大変な負担であった。しかも国政に介入し,しばしば大きな影響を与えた。文学,美術を愛好しサロンを開いて多くの文人,画家を招いた。 F.ケネーボルテールの理解者でもあり,『百科全書』の出版にも力を尽した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポンパドゥール侯夫人の関連キーワードポンパドゥール夫人セーブル磁器ベルサイユルイ15世トリアノンファルコネミラボーポンポンブーシェピガールマショーモールパ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android