ポンパドゥール侯夫人(読み)ポンパドゥールこうふじん(英語表記)Pompadour, Jeanne-Antoinette Poisson, Marquise de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1721.12.29. パリ
[没]1764.4.15. ベルサイユ
フランス王ルイ 15世愛妾。資産家の娘として完全な教育を受け,1741年徴税総請負人ル・ノルマンと結婚。マダム・ド・タンサンやマダム・ジョフランのサロンに出入りし,ベルサイユ宮殿に招かれてルイ 15世の目にとまり,45年侯爵夫人の称号を受けてポンパドゥール侯夫人となった。彼女の乱費は,王室財政にとって大変な負担であった。しかも国政に介入し,しばしば大きな影響を与えた。文学,美術を愛好しサロンを開いて多くの文人画家を招いた。 F.ケネーボルテールの理解者でもあり,『百科全書』の出版にも力を尽した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android