コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンピン ポンピン

2件 の用語解説(ポンピンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンピン
ポンピン

ポピンともいう。首の細長いフラスコ形をしたガラス製の玩具。口から息を吹くと,薄い底が「ぽこん,ぺこん」と鳴る。江戸時代に,子供というよりも遊女の間にはやったという。明治年間までポペン (京阪神) ,チャンポン (福岡) などの名で各地にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポンピン
ぽんぴん

薄いガラス製の玩具(がんぐ)。ポピン、ポッピンなどともいう。3~6センチメートルほどの瓶で、漏斗(ろうと)に底をつけたような形をしている。口にあてて軽く吹いたり吸ったりすると、薄い弾力性のある底板がペコンペコンと鳴るのでこの名がついた。江戸時代から明治中期ころまで、おもに女の子の、とくに夏向きの玩具として流行した。中国では明(みん)代末につくられたもので、江戸時代に日本に伝えられ、1773年(安永2)刊の『御伽(おとぎ)草』に、「ポコンポコン」の名で紹介されている。1830年(文政13)刊の『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』には、「ぽんぴん江戸にてはぽこんぽこんと云(い)ふ」とあり、さまざまな名でよばれた。東京では1887年(明治20)ころ、大阪ではその数年後隆盛となり、「ポペン」とよばれて、12~15センチメートルから150~180センチメートルほどの大形もあった。現在はポッペン(兵庫県)、チャンポン(福岡県)などが郷土玩具として残っている。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポンピンの関連情報