コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーティアス暴動 ポーティアスぼうどうPorteous Riots

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーティアス暴動
ポーティアスぼうどう
Porteous Riots

1763年スコットランドのエディンバラで起った暴動。密輸が発覚して投獄されていたウィルソンという男が,友人の脱獄を助けた義侠心のため民衆の同情を得た。そのためウィルソンの処刑日には大勢の市民が押しかけ,救出を恐れた警備隊長ジョン・ポーティアスは,部下に民衆への発砲を命じ,死傷者を出した。ポーティアスは裁判にかけられ死刑を宣告されたが,国王の命令で執行延期になった。これに憤った市民たちは,9月8日暴動を起し,刑務所を襲って彼を絞首したが,エディンバラ市に 2000ポンドの罰金が課せられただけで,犯人は追及されなかった。 W.スコットの小説『ミドロージアンの心臓』に取上げられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポーティアス暴動の関連キーワード平賀源内アメリカ独立革命イギリス・フランス植民地戦争ワシントン(George Washington)ビュート伯ニューフランスラルサ辺境伯オペラハウスサンドウィッチ(伯)石上私淑言

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android