コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マアナゴ マアナゴConger myriaster

3件 の用語解説(マアナゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マアナゴ
マアナゴ
Conger myriaster

ウナギ目アナゴ科の海水魚。全長約 90cm。体は円筒状で細長い。体色は暗褐色で,側線の各孔に白点がある。内湾の海藻の茂った砂泥底に多く生息し,冬季は深所に移動する。春から夏に産卵し,1腹の卵数は 110万~1200万粒と個体によって差がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マアナゴ
まあなご / 真穴子

硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科に属する海水魚。全長90センチメートルに達し、体側には一縦列の白色点があり、その直下の側線孔も白く縁どられているので、白色点が2列に並ぶ。そのようすがさお秤(ばかり)に似ているのでハカリメともよばれる。北海道以南の沿岸にもっとも普通に産し、夜釣り、延縄(はえなわ)、機船底引網などで漁獲される。食用として各種の料理で賞味される。[浅野博利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマアナゴの言及

【アナゴ(穴子)】より

…卵は浮遊性で大きく,仔魚(しぎよ)はウナギのそれとよく似たレプトセファラス(葉形幼生)である。 マアナゴConger myriaster(イラスト)はアナゴ類の中の最重要種で,日本近海では北海道内浦湾以南,とくに太平洋側に多く,さらに朝鮮半島沿岸,東シナ海にわたって分布する。体は灰褐色を呈し,腹側は淡色。…

【ハモ(鱧)】より

…本州中部以南,とくに瀬戸内海,四国,九州に多いが,さらに朝鮮半島,台湾,東インド諸島,インド洋,紅海にわたって広く分布する。北海道,東北地方でハモと呼んでいるのはマアナゴ(イラスト)のことである。体は円筒形で長く,尾部は側扁する。…

※「マアナゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マアナゴの関連情報