コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さお秤 さおばかり steelyard balance

2件 の用語解説(さお秤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さお秤
さおばかり
steelyard balance

秤の1種。一端に載せ皿 (または釣鉤) をもつ1本の棒を1点で吊下げ,皿に物体を載せて反対側の目盛りざおに沿って分銅を動かして適当な位置で水平に釣合せる。物体および分銅の質量を Mm ,支点Sから皿をつった一端および分銅のつりあった点までの距離を Ll とすれば,てこの原理によって物体の質量は Mml/L で与えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

さお秤
さおばかり

「てこ」と「おもり」によって質量を計るはかりの総称。漢字表記は「竿秤」。狭い意味では目盛りざおが1本の秤をいい、上皿(うわざら)さお秤を含む。このうち、日本で古くから使われてきた棒状のさお秤を棒秤とよぶ。天秤(てんびん)に対する分類名称であるが、秤が多様化した今日では主として棒秤をさすようになった。棒状といってもさおの断面は円形に限らず、長方形断面のものもある。
 ヨーロッパでは、棒秤はローマ時代に発明されたため、いまでもローマ秤という。中国でさお秤が出現した時期は周の時代と推定される。中国および日本では、古くはさおに金属を使わず、木、角(つの)、骨などを用いた。江戸幕府はこの棒秤の製作、修理、販売および取締りを江戸と京都の秤座(はかりざ)に独占的に扱わせた。[小泉袈裟勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さお秤の関連キーワード俎上に載せる載せ物舶載俎板に載せる雁振瓦竿秤手矢餌釣鉤釣鉤シャトルバー

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone