コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロガスタービン まいくろがすたーびんmicro gas turbine

知恵蔵の解説

マイクロガスタービン

燃料として都市ガスや灯油を使い、100kW以下の規模の発電システムを構成する小型ガスタービン。タービンと圧縮機を一軸構成とする簡単な構造で、量産部品を組み合わせてコストを低減。空気軸受を使用し、毎分6万〜10万回の高速回転で発電効率が26%の例がある。既存の小型ディーゼル発電機などと比べて小型であり、占有面積が小さく、コジェネレーションに適している。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

マイクロガスタービンの関連キーワードガスタービン発電オンサイト電源分散型発電

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android